ラミシールには、塗り薬や飲み薬、スプレーなどのたくさんの種類があります。どれも主に水虫治療に使われます。自分の症状や重軽度によりタイプを選択できます。体の部位や症状に応じた水虫治療に効果を発揮します。

  • ホーム
  • 水虫の治療で使う抗真菌薬、ラミシールの注意

水虫の治療で使う抗真菌薬、ラミシールの注意

公園でヨガをする女性

水虫(足白癬)や爪白癬を治療する際には、ラミシールと呼ばれる抗真菌薬が有効です。
このラミシールには外用薬と内服薬の両方が存在しており、皮膚科を受診すると両方処方される場合があるほか、ドラッグストアでは外用薬を購入することもできます。
ラミシールは比較的手軽に手に入れられる医薬品といえますが、実際に使う際にはいくつかの注意点があります。

ラミシールは外用薬であれば1日1回患部への塗布あるいは噴霧を、内服薬であれば1日1回の服用を6ヶ月程度続ければ、症状をかなり改善させることができます。
効果の発現が早い人だと、3ヶ月程度で改善の兆しがあらわれ始めるようになります。
そのため、目に見える形で効果があらわれないからといって、使うのをやめてしまったり、1日に2回以上使ったりしないようにしましょう。
複数回使用すると、外用薬だと患部に赤みやかゆみ、かぶれが生じる場合があり、内服薬だと下痢や腹痛、悪心、めまい、発疹、頭痛、胃部膨満感などといった症状が発現する可能性があります。

外用薬のラミシールを使用する際は、患部とその周辺に薄く広く塗布・噴霧をし、クリームタイプの場合はよく擦り込むようにして塗るようにします。
水虫の原因である白癬菌は感染力が非常に強く、患部の周囲に潜伏している菌もふくめてすべて死滅させないとあっという間に再発してしまうためです。
ただし、使用する部位に傷があったり、ただれが酷くなっている部分がある場合は、刺激痛が生じないように塗布や噴霧を慎重に行うようにしましょう。
また、ラミシールは風呂やシャワーを終えた後に使うともっとも効果が出やすいですが、使う際には患部がしっかり乾くまで待つようにしましょう。
浴室を出た後すぐの足が濡れている状態は、白癬菌が繁殖しやすい環境であるためです。

関連記事