ラミシールには、塗り薬や飲み薬、スプレーなどのたくさんの種類があります。どれも主に水虫治療に使われます。自分の症状や重軽度によりタイプを選択できます。体の部位や症状に応じた水虫治療に効果を発揮します。

  • ホーム
  • 外回りの多い人は注意したい頭の感染症とラミシール

外回りの多い人は注意したい頭の感染症とラミシール

外回りの多い人は日差しが強いときには日に当たって頭が焼けてしまうのを嫌うでしょう。
そのために帽子を被って一日中、外を歩き回ることも少なくありません。
しかし、そういった仕事をしているときに注意しておきたい感染症があります。
シラクモと呼ばれる病気は白癬菌に対する感染症であり、頭にカビのようなものが生えてしまうものです。
頭皮が剥がれ落ちやすくなってフケが大量に発生するだけでなく、患部の毛髪が抜けやすくなったり、激しいかゆみに襲われたりするのが症状の特徴として知られています。
外回りをしている間、ずっと帽子を被っていると頭部に高温多湿の環境ができてしまい、白癬菌が増殖しやすい環境ができてしまうのが症状が発症する原因です。
感染症であるため、どこからか原因となる白癬菌が頭部につかなければ発症しません。
しかし、外回りの訪問先で帽子を脱いだときに水虫を持っている人の家の家具から付着したり、白癬菌を持っているペットに触れられたことで付着したりする場合があります。
それを被って一日仕事をしている間に感染が成立してしまう場合があるのです。

シラクモにかかってしまった際にはラミシールを用いると治療を行えます。
頭部に起きている白癬感染に対して外用薬をしっかりと塗布することは難しいのが事実です。
しかし、ラミシールは内服薬として使用できるため、身体の中から真菌に対して集積して効果を発揮してくれます。
ラミシールを使用すれば頭部に起こってしまったフケや脱毛、かゆみなどの症状が比較的短期間で軽快するでしょう。
ただし、完治のためには長期間の服用が必要になるため、症状が治まってきてもすぐにやめてしまわずに医師の指示に従うことが大切です。

関連記事