ラミシールには、塗り薬や飲み薬、スプレーなどのたくさんの種類があります。どれも主に水虫治療に使われます。自分の症状や重軽度によりタイプを選択できます。体の部位や症状に応じた水虫治療に効果を発揮します。

  • ホーム
  • イソジンが水虫に?尋常性乾癬はラミシールか病院

イソジンが水虫に?尋常性乾癬はラミシールか病院

海でヨガをする女性たち

イソジンはうがい薬として有名ですが、水虫にも効果があると噂が広まっています。
確かにイソジンには殺菌作用がありますので、水虫が発症している部分の雑菌を消毒することはできます。
しかし、水虫自体を殺菌する効果は持っていません。
あくまでも雑菌繁殖の予防用としての効果にとどまります。

水虫ができやすいのは、足の指などの蒸れやすい部分です。
蒸れやすい部分は汗などが原因で雑菌が繁殖しやすく、嫌な臭いを発生させます。
このような臭いの元になる雑菌を抑えるためにイソジンを使用するのはありですが、水虫は白癬菌という真菌が原因です。
真菌を殺菌するには、抗真菌剤を用いなければ、完治しません。

白癬菌を退治したいなら、ラミシールを購入しましょう。
イソジンと同じく、市販品として簡単に入手可能な治療薬です。
水虫専用の治療薬ですので、きちんとした効果を発揮してくれます。
患部の症状や塗りやすさに合わせて、様々なタイプのラミシールが揃っています。

白癬菌を殺菌するだけでなく、清涼感が得られたり、痒みや炎症を抑えるなどの効果も持っています。
水虫を治療しつつ、快適な状態に保ってくれる、優れた市販薬です。

イソジンやラミシールの効果が全く得られないのが、尋常性乾癬という皮膚疾患です。
尋常性乾癬は水虫とよく似ています。
ニキビのような湿疹ができますが、ポロポロとアカのようにこぼれ落ちる症状に移行して、その内に治ります。
再び症状を繰り返すことが多くなっています。

この皮膚疾患は雑菌や真菌が原因ではありません。
原因ははっきりしておらず、遺伝や生活習慣の乱れなどが関係していると疑われている段階に留まります。
再発を繰り返しやすい厄介な疾患ですので、まずは皮膚科で診断を受けましょう。

関連記事